UVレーザー、ファイバレーザー、YAGレーザー溶接機等を取扱います。

よくあるご質問

レーザとはどういう意味ですか?
レーザは英語の頭文字をとったもので”LASER”と書きます。正確にいうと”Lighe Amplification by Stimulated Emission of   Radiation”で、日本語に訳すと”放射の誘導放出による光の増幅”という意味になり、ひかりを電気信号のように増幅して強くしたものです。
単に強くするだけではなく、非常に質のよい光として増幅するため、光通信や光情報処理用の光源として利用されたり、加工熱源に使われています。
レーザの原理はどうなっているんだろう?
通常、原子や分子などはある特定のエネルギーをもって運動しています。外部からエネルギーをもらうと、これらの原子、分子はさらに高いエネルギーをもって運動します。これを”励起状態”といいます。
レーザにはどんな性質があるんだろう?
①単色性に優れている:いろいろな光が混じりあっておらず、純粋な一つの色(波長、周波数)の光である。
②指向性に優れている:光の進行はほとんど広がらずに進む。
③干渉性に優れている:光の位相(波の山と谷)が揃っているため、干渉性がよい。
④高出力である:レンズで集光すれば、太陽光の何百倍ものパワー密度が得られる。
これらの特徴を生かして、光通信やレーザ加工などの各種応用分野が開発されてきました。レーザ加工は主に④の高出力であるという特徴をいかしたものです。
YAGレーザというのはなんですか?
YAGレーザは”Y3Al5O2(イットリウム・アルミニュウ・ガーネット)”と呼ばれる光学結晶にわずかな量のNd(ネオジウム)イオンを注入したレーザです。パルス発振で高いピーク出力が得られることや、光ファイバーが使えることなどから活用されています。
ファイバーレーザというのはなんですか?
ファイバの中を光が通りながら増幅と発振をくり返すレーザです。ファイバのコア部にYbなどの希土類をドープすることによってファイバ自体がレーザ媒質となります。
ファイバは、希土類がドープされた中心部のコアと、石英ガラスやプラスチックで形成される外側のクラッドで構成されており、アクティブファイバと称しています。
励起LD光は、複数のLDファイバを介してアクティブファイバに入射され、石英クラッド内を伝搬し励起します。ファイバレーザはミラーやレンズを使用していませんが、ファイバの両端部にブラッググレーティングと呼ばれる特定の波長だけ反射する働きの処理(回折格子)がされており、共振器ミラーと同じ働きを持たせています。​
PAGETOP
Copyright © フィジカルフォトン株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.